不動産に関するあらゆる質問・相談に住まいの専門家が回答!

現在位置:Yahoo!不動産 > 教えて! 住まいの先生 > 質問詳細

ここから本文です

質問詳細 

質問一覧に戻る

解決済みの質問

LGSの施工方法の手順がよくわかるサイトを教えて下さい専門家の回答

建築学生です。
LGSの施工手順がよくわかるサイトを検索しましたが
みつかりませんでした。
なにか参考になりそうなサイト、もしくは動画があれば
アドバイスをお願いします

質問した人: nakata79087さん

質問日時: 2011/12/1 04:37:50 | 解決日時:2011/12/6 01:35:55

回答数: 2 | 閲覧数: 13950

お礼:知恵コイン25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

回答した人: 大久保 新さん(専門家)

回答日時: 2011/12/1 17:15:47

大久保 新さんの画像

ホームインスペクション(住宅検査、住宅診断)をしている建築士です。

施工の手順が出ているサイトは見つかりにくいようですね。私の施工の経験から、非常にざっくりですがまずは文章でやってみます。

壁の場合、U字のランナーを床と天井に打ち付けます。床から天井までの高さをはかりそれより1センチ程度短くスタットを切断し床と天井にあるランナーに差し込み立てます。それを繰り返すことで壁が出来ます。仕様によっては、これに胴縁と言われる振れ止めを胸の高さくらいに入れる場合など様々ですが、ここには一般的な仕様の場合で書いています。

このときに、石膏ボードの幅に合わせて間隔を決めます。通常のものであれば約910mmです。この910mmの間に1本(455mm間隔)または2本(303mm間隔)いれます。壁に張る石膏ボードの厚みによってこの間隔を変えます。

一般には12.5mmの石膏ボードを張る場合は455mm間隔で、9.5mmの場合は303mmの間隔で立てます。用途によって間隔を狭まくする場合もあります。

天井はこれと同じような方法で施工する方法の場合と、ボルトで吊る場合があります。

この先は文章だと限界がありそうな気がしてきたので下のサイトを参考にしてください。手順そのものは書いていませんが、どういう物を使用しているのか書かれています。

天井(ボルトを使用する方法)
http://www.genbaouen.com/modules/yougo2/content/index.php?id=34


http://www.genbaouen.com/modules/yougo2/content/index.php?id=64

参考になれば幸いです。

もう少し具体的に必要でしたら、補足を入れてください。
よろしくお願いします。

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

コメント日時: 2011/12/6 01:35:55

詳しく解説頂きありがとうございました。授業でもまだ基本的な建て方しかやっていませんのでまた何かありましたら質問します。

ベストアンサー以外の回答

11~1を表示しています。

回答した人: fnsts606さん

回答日時: 2011/12/5 19:27:51

内装工事業者です

メーカーサイトですが参考まで

三洋工業株式会社

天井下地 http://www.sanyo-industries.co.jp/shouhin/sho0301/sho03012.html
壁下地 http://www.sanyo-industries.co.jp/shouhin/sho0301/sho03013.html

大まかな部分はこれで解ると思いますよ。



その後のボード仕上げ 吉野石膏

http://yoshino-gypsum.com/kouhou/ippan/index.html

この回答が不快なら

専門家の回答Yahoo!知恵袋で、専門家が回答した質問

解決済みYahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問

回答受付中Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問

投票受付中Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

「教えて! 住まいの先生」はYahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えます。質問や回答、投票するにはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。
キーワード検索結果一覧に表示される専門家が回答した質問は、専門家の回答がベストアンサーとなった解決済みの質問、および回答受付中の質問と投票受付中の質問になります。

ヘルプYahoo!知恵袋ヘルプ

PR

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

週間ランキング

(2014年8月14日~2014年8月20日)

本文はここまでです このページの先頭へ